ホームSEの気持ちシステムエンジニアになった理由

私は高校時代は数学は得意でしたが、理科が苦手で、大学は文系に進みました。

大学時代に、インターネットプロバイダー業とネットカフェ、パソコンスクールをする会社で、アルバイトを始めました。
その中で、ネットカフェの受付をしながら、ホームページ制作やパソコン初心者向け講座のインストラクターをしていました。
その会社の立ち上げに協力された方の中に、システムエンジニアの方がいらっしゃいました。
その時、初めて、「システムエンジニア」という仕事を知り、
タカタカターとキーボードを打ち、簡単になんでも作ってしまう凄さを目の当たりにし、
「システムエンジニア」という仕事にあこがれを持ったのでした。

ホームページ制作は、一応ホームページビルダーも使わせていただいていましたが、
細かい修正はタグの方が速いので、HTMLタグは自然と覚えていました。

そんな中、就職を考える時になり、就職氷河期まっただ中・・・。
アルバイトで得たIT業界への興味関心が膨らみ、そして「手に職をつけたい」ということ。
そして、IT業界は2000年問題対応などで、ITバブルに沸き、他の業界よりも採用数が多かったこと。
こんなことから、IT業界に絞って就職活動をしました。

200人規模のシステム会社に入社。
通信業のシステム開発をおもに行っている会社でした。
仕事で成果を残せていると、自分で自分を評価できるようになるまでは、時間がかかりました。
新人SE時代の話は、また今度書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA